想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大麦ぬか入り飼料 宇都宮大学と共同研究 「大麦卵」発売 おおむぎ工房2021年1月22日

一覧へ

大麦専門店の(株)大麦工房ロアは2月12日、宇都宮大学との共同研究で生まれた大麦のぬかを食べて育った卵 「大麦卵」を発売。通信販売で販売を始める。

大麦のぬかで作った飼料を食べた鶏が生んだ「大麦卵」大麦のぬかで作った飼料を食べた鶏が生んだ「大麦卵」

同社は大麦の粉づくりから手がけており、製造過程で出るたくさんの「大麦のぬか」の中にも、たくさんの栄養成分が含まれていることから、宇都宮大学との研究で、大麦のぬかを使ったニワトリの飼料を開発した。

自然豊かな環境の中、栄養豊富な大麦のぬか入りのエサを食べて育ったニワトリが生んだ卵を「大麦卵」と名付け20個入で販売。卵の黄身は濃いオレンジ色で手でつまんでも破れないほど弾力がある。まずは、そのまま卵かけご飯で、濃厚な昔懐かしい卵の味わいが楽しめる。「大麦卵」20個入は通常価格5800円(税別)。

【大麦工房ロア】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る