Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ニチレイの「大豆ミートのハンバーグ」が「ミラクルミート」採用 DAIZ2021年3月2日

一覧へ

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZ(株)の植物肉「ミラクルミート」が、ニチレイフーズが3月1日に発売した冷凍食品「大豆ミートのハンバーグ」に採用されている。

ニチレイの「大豆ミートのハンバーグ」が「ミラクルミート」採用 DAIZ

新商品の冷凍食品「大豆ミートのハンバーグ」は、肉を使わず、大豆ミートで作ったハンバーグで、大豆ミートを数種類組み合わせることで、肉のような食感やジューシー感を再現。ハンバーグ1個あたりイソフラボンが約25mgを摂取でき、肉を使ったハンバーグと比較するとコレステロールを約95%抑えることができる。野菜の旨味を活かしたデミグラスソースでごはんのおかずにおすすめの一品。

DAIZの植物肉「ミラクルミート」は、従来の植物肉の味と食感に残る違和感や、大豆特有の青臭さや油臭さ、肉に見劣りする栄養価などの課題を解決。原料に丸大豆を使い、独自の発芽技術により旨味や栄養価を増大し、肉の食感を再現している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る