Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本酒業界を応援 全国の酒蔵と共同開発の「ブレンド酒」でCF開始2021年3月9日

一覧へ

日本酒専門の酒販店、(株)さくら酒店(岐阜県大垣市)は、長引くコロナ禍にある日本酒業界を応援するため、全国の酒蔵と「ブレンド酒」を共同開発。自社のお酒を他社に渡し、ブレンドを繰り返しながら日本一周する試みで、3月5日からMakuakeでクラウドファンディングのプロジェクト「蔵から蔵へバトン=日本酒を繋ぐ!酒蔵の垣根を越えたブレンド酒」を始めた。

日本酒業界を応援 全国の酒蔵と共同開発の「ブレンド酒」でCF開始

同プロジェクトは、自宅で日本酒を飲みながら酒蔵の支援ができる取り組み。単一蔵によるブレンドではなく、複数の蔵の日本酒をブレンドし、蔵から蔵へ日本酒を渡していくリレー方式で、毎月異なるブレンド酒を創り出す。

7か月間の定期お届けサービスで、1か月目~6か月目は2蔵によるブレンド酒を、最終月は参加蔵すべての日本酒をブレンドしたお酒が届く。また、自宅で自分だけのブレンド酒をつくれる「おうちでブレンドセット」がオプションで付いてくる。酒蔵支援だけでなく、ブレンドにより新しい命を吹き込んだ、まったく新しい味わいと価値観の日本酒を楽しめる。実施期間は4月4日まで。

リレー方式で自社のキー原酒を次の蔵に渡し、ブレンドを繰り返すリレー方式で自社のキー原酒を次の蔵に渡し、ブレンドを繰り返す

<参加蔵>
・宮城 萩野酒造「キー原酒:日輪田」
・静岡 高嶋酒造「キー原酒:白隠正宗」
・岐阜 林本店「キー原酒:百十郎」
・三重 寒紅梅酒造「キー原酒:寒紅梅」
・高知 有光酒造場「キー原酒:安芸虎」
・福岡 みいの寿「キー原酒:三井の寿」
※キー原酒はブレンドのベースとなるお酒

【蔵から蔵へバトン=日本酒を繋ぐ!酒蔵の垣根を越えたブレンド酒】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る