人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「今、あらためて生鮮食品の機能性を考える」食品機能推進協会設立シンポジウム開催2024年6月14日

一覧へ

青果物包装資材を製造・販売する株式会社ベルグリーンワイズは7月24日、(一社)食品機能推進協会の設立記念シンポジウムを日比谷コンベンションホールで開催する。

「今、あらためて生鮮食品の機能性を考える」食品機能推進協会設立シンポジウム開催

食品機能推進協会は、持続的な農業の発展を通じて健康寿命の延伸と食料の安定供給に貢献するために取り組む団体。生鮮食品の専門家集団として、食と農の価値普及を推進することを使命とし、科学的・法的妥当性に基づくオープンイノベーションの精神で、社会課題の解決を目指している。具体的には、食品の持つ働きを伝える表示コンサルティング、鮮度保持技術による食品ロスの低減、学びの場を作る検定事業などの取り組みにより農業の発展の農業の安定供給が実現され、産地から消費まで利益をもたらすことができるよう活動している。

設立シンポジウムは、「今、あらためて生鮮食品の機能性を考える」をテーマに、機能性表示によってどのような生鮮食品の市場が開拓されたのか、これから生鮮食品のマーケティングにおける機能性表示の可能性と共に産地、流通、店頭における鮮度管理の重要性、および今後の課題を見つめ直す。

◎実施概要
日時:7月24日13:30~16:20(開場13:00)、zoomウェビナーオンライン同時配信
交流・懇親会:16:30~
会場:日比谷コンベンションホール(日比谷図書文化会館BF1階)東京都千代田区日比谷公園1‐4
定員:200人(会場100人、WEB参加100人)※定員になり次第締め切り(懇親会は先着80人)
参加費:会場参加3300円(資料代含む)、オンライン参加2200円、交流(懇親会参加は5000円)
申し込み:WEBフォームまたは(電話)070‐1231‐4795(事務局担当者)へ

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る