人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

プラ削減へ新たに3つの取り組みを開始 コープ自然派事業連合2024年6月19日

一覧へ

生活協同組合連合会 コープ自然派事業連合は、コープ自然派の各生協とともに取り組んでいるプラスチックの削減において、新たに商品の包材で実施する3つの取組でさらなるプラスチック削減を実施する。

プラ削減へ新たに3つの取り組みを開始 コープ自然派事業連合

たまごパックのモールドパック化

コープ自然派は、2030年到達目標のひとつとして掲げる「プラスチック廃棄量を、2020年度比50%削減することを目標にし、また使用を継続する包材に関しても、環境負荷の少ないものを選択している」を実現するため、新たにプラスチックの使用総量を減らす以下3つの取組を実施する。

1.たまごパックのモールドパック化
プラスチック削減見込み:年間 約7トン
開始:5月20日の配達商品からリニューアル

旭商事(本社:徳島)での、たまご包材のモールドパック導入により、コープ自然派で取り扱っている、平飼い卵、オーガニック卵のモールドパック化が実現。
※2023年度の注文数より算出

2.ミールキットの食材トレイを、マテリアルリサイクル
プラスチック削減見込み:年間約41トン
開始:6月10日から回収実施

コープ自然派で人気のミールキットに使用しているトレイを回収し、トレイ専門のリサイクルセンターに引き渡す。再加工された新しいトレイを使用し、素材の循環をさせる。トレイからトレイへ生まれ変わる水平リサイクルで、使用したトレイを100%回収することができると年間約41トンのプラスチック使用削減を見込む。
※旧トレイの実重量で計算

3.豆腐の包材変更でプラスチックフィルム廃止
プラスチック削減見込み:年間 約409kg
開始:6月17日配達商品からパッケージリニューアル

自然派Style国産有機豆腐の包材は、今までプラスチックのフィルムで2つの容器を包むスタイルだったが、容器の形状を変更することでフィルムを廃止することができた。
※帯フィルム1枚あたり1.3gを無くすことで、年間約409kgのプラスチック使用量を削減。(2022 年度出荷点数による試算)

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る