栽培技術 ニュース詳細

2013.03.26 
JAとして初、密閉型植物工場に参入一覧へ

 東電福島第一原発事故による汚染や風評被害に苦しむ福島県のJA東西しらかわでは、密閉型植物工場による野菜栽培をすることにし、3月22日に工場建設の調印式を行った。

◆日産3000株を目標に

植物工場内部の様子(イメージ) JA東西しらかわ(鈴木昭雄代表理事組合長、福島県白河市)は、(株)みらい(嶋村茂治代表取締役社長、千葉県松戸市)と完全密閉型植物工場建設の契約調印式を3月22日に白河市表郷庁舎で行った。
 調印式には福島県、白河市の行政機関、JA福島中央会、支援組織として千葉大学、NPO植物工場研究会、ジュリス・キャタリスト、中島肇法律事務所の関係者が出席した。
 密閉型植物工場はLEDなどの人工光と二酸化炭素、養液栽培で野菜などを生産するシステム。
 JA東西しらかわは育苗・栽培プラント床面積約500平方m、栽培床は10段構造の設計で年内完成をめざし、日産3000株のレタス・ミ二白菜を無農薬栽培で年間を通じて安定的に生産販売する計画だ。
 特に注目をされるのは腎臓病患者に提供できる機能性野菜(低カリウムレタス)だ。

(写真)
植物工場内部の様子(イメージ)

◆世界最先端の技術を駆使
 
 調印式に来賓として参加した千葉大前学長の古在豊樹名誉教授は「千葉大柏の葉キャンパスにある植物工場実証施設は年間約1万人の視察者(うち外国人は約1000人)を迎えるほど多様な業種、海外から注目を集めている。ようやく農業の本流であるJAが植物工場を建設決定に至ったことは喜ばしことであり、特に原発事故にあった福島県において世界で最先端の技術を駆使した密閉型植物工場の建設、運営をすることは世界的に注目を集めることになる」とコメントした。
 本事業は産官学連携、震災復興・地域活性化のモデル事業であり、医療と農業の医農連携の事業としても期待されている。

植物工場完成予想図

(写真)
植物工場完成予想図


(関連記事)

198社が出展し施設園芸・植物工場展開催(2012.06.06)

【対談シリーズ】21世紀は植物の時代 古在豊樹 NPO植物工場研究会理事長(前千葉大学学長)(2012.05.31)

植物工場など新農業システム、700億円市場に(2012.04.09)

被災地の学校が植物工場 農業復興にも期待  千葉大などが「畑」を共同開発(2012.02.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ