左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

晩抽多収の極早生種タマネギを新発売 タキイ種苗2017年8月30日

一覧へ

 タキイ種苗(株)タマネギの新品種として、生育旺盛で作りやすい極早生『スパート』の種子を新発売する。

極早生「タマネギスパート」 極早生タマネギは春の訪れを告げる野菜の一つだが、辛みが少なく、おいしいといった点、市場にタマネギが少ない時期の出荷となるため、比較的高値で取引きされることから魅力的な作型だといえる。しかし、極早生栽培は気候の影響を受けやすく、抽苔や分球が多発したり肥大が不十分だったり作柄が安定しないことが多く、栽培の難しい作型でもある。
 タキイ種苗が新発売する『スパート』は極早生品種の熟期の早さ、肉質のみずみずしさと、早生種に近い作りやすさを兼ね備えており、幅広い用途で使える品種だという。


【品種特性】
極早生タマネギ「スパート」▽肥大性にすぐれ、大玉によくそろう収量性抜群の極早生品種。暖地では4月中旬から、中間地でも4月下旬から収穫が可能。
▽草姿立性で葉折れが少なく、生育旺盛で作りやすいこと、また、抽苔や分球が少なく、さらに病害に対しても比較的強いため、安心して栽培できる。
▽熟期が早い品種の多くは玉が柔らかく、収穫や出荷時に玉同士がぶつかり傷んでしまうことが覆いが、この品種は、青切り出荷でも玉傷みの心配が少なく、安心して作業できる。
▽地上部の生育は旺盛で冬の寒さに対し葉傷みが少なく、低温期の肥大性にすぐれている。そのため、基本的には暖地での栽培が適しているが、中間地でも栽培することが可能だ。


【希望小売価格(税込み)】
▽1袋(約360粒)626円
▽1袋(20ML)2484円
▽1缶(2DL)2万2680円

(関連記事)


酸素供給剤『オキソパワー5』 タキイ種苗(17.07.31)


研究農場秘伝の種まきツール商品化 「カリカリくん」 タキイ種苗(17.06.29)


黄化葉巻病耐病性大玉トマト「桃太郎ホープ」 タキイ種苗茨城研究農場で(17.06.26)


タマネギも高値か 4月の野菜価格(17.03.30)


家庭菜園歴10年以上 3割 タキイ調査(17.03.16)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る