Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

酸素供給剤『オキソパワー5』 タキイ種苗2017年7月31日

一覧へ

 タキイ種苗は、根張りの向上による増収が期待され、約4~5カ月間にわたり、土壌に酸素を供給する持続型酸素供給剤『オキソパワー5』を全国の種苗店を通じて2017年8月1日より発売する。

根張り向上に持続型酸素供給剤「オキソパワー5」 近ごろは全国各地での天候不順やゲリラ豪雨が増加しているが、それが土壌中での『酸素』不足になる一因になっている。
 一般的に野菜や花は、土壌中で酸素が不足すると、生育不良につながることが知られている。
 それは、
△根を構成する細胞も呼吸をしており、酸素が不足すると根の生育が十分進まず、生育が遅れる。
△集中豪雨等で降水量が土壌の排水性を上回り、滞水することで根が窒息して根腐れが発生する。
△土壌中の酸素濃度が低下すると、肥料の吸収率が下がる。
ことにある。
 健全な根の生育は栽培を安定させることから、最近、酸素供給剤の需要が高まり、改めて見直されている。
 今回タキイ種苗が新発売する『オキソパワー5』は、こうした産地や生産者の需要をもとにタキイ種苗が企画し、保土谷化学工業が開発・製造したもので、反あたり4~6袋(1袋10kg)を土壌均等に散布し混和することで、製品が土壌中の水分と反応して、酸素と消石灰に分解される。
 そのため、本剤の特長は、
△約4~5カ月間の長期にわたって効果が持続する。
△製品1袋(10kg)で酸素を約400L供給する。
△粒状タイプで散布がしやすく土壌のしまりを軽減しながら、スムーズな根の伸長を実現する。
 タキイでは、従来の製品より効果が長期間に持続するので、植え付けから収穫までが栽培期間が長いイチゴ、アスパラなどの品目、植え付け後に梅雨や秋雨をまたぐ作型、排水不良になりがちな水田裏作やしまりやすい圃場での使用を期待している。
●価格(小売価格)は4860円(税込・送料別)/10kg(10袋未満は2袋単位の出荷・送料別途請求。10袋以上の場合は、送料元払い)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る