人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

【注意報】大豆、野菜類、花き類にハスモンヨトウ 県内全域で多発のおそれ 岐阜県2023年9月8日

一覧へ

岐阜県病害虫防除所は、大豆、野菜類および花き類にハスモンヨトウが県内全域で多発のおそれがあるとして、9月4日に令和5年度病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

図:各地域に設置したフェロモントラップにおける誘殺数の推移

岐阜県病害虫防除所によると、フェロモントラップにおける7月第6半旬~8月第5半旬の累計誘殺数は、岐阜地域で638頭(平年513.6頭)、中濃地域で1411頭(平年223.3頭)。東濃地域で904頭(平年124.8頭)と多く、平年と比較し1.2~7.2倍となっている(図)。

8月下旬の巡回調査では、岐阜・西濃地域のサトイモで食害が確認されており、大豆では若齢幼虫の加害による白変葉が散見されている。フェロモントラップによる誘殺ピークは平年9月下旬~10月上旬で、今後も発生量が増加し、被害が拡大すると考えられる。

名古屋地方気象台が8月31日に発表した1か月予報では、今後の気温は平年より高い予報で、ハスモンヨトウの発生に好適な気象条件になると予測される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇大豆では新たな白変葉等、食害の発生を確認したら、直ちに防除を実施する。

〇幼虫の齢期が進むと薬剤の効果が低下するため、若齢幼虫の防除に重点を置く。

〇幼虫の発生量は、ほ場ごとに大きく異なるため、必ず各ほ場での発生状況を確認する。

〇施設栽培では、防虫ネットを張り、成虫の侵入を防ぐ。

〇発生は露地で11月初旬、施設栽培では11月下旬まで続くと考えられるため、引き続き発生情報に注意する。

〇農薬の使用にあたっては、最新の登録情報を参照し、適正に使用する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る