農機・資材 ニュース詳細

2020.02.03 
AI×野菜収穫ロボット運用開始 AGRIST一覧へ

 AIを活用した農産物の自動収穫ロボットを開発したAGRIST(アグリスト)(宮崎県児湯郡)は、農家と共同で開発した新発想の収穫ロボットのビニールハウスでの運用を1月から開始した。

農家の声から生まれた吊り下げ式のピーマン収穫ロボット農家の声から生まれた吊り下げ式のピーマン収穫ロボット

 従来の地面を自走する収穫ロボットの課題について農家と意見交換などしたところ、ほ場が平らでないとロボットが転倒したり、機械や装置が邪魔になり移動ができないなどの課題があった。こうした農家の声から生まれたのが今までにない「吊り下げ式ロボット」だ。

 スマート農業の実践と収益拡大をめざし、地元の若手農家と行っている月1回の勉強会「儲かる農業研究会」の会員で、JA児湯の理事を務めるピーマン農家・福山望氏とピーマンの自動収穫ロボットの共同開発を行い、1月から福山氏の農場でロボットの運用を開始した。


 同社は、1月に「ハウスなどで使用し、野菜等を自動で収穫できる吊り下げ式のロボット」としてPCT国際特許出願を行い、今年春から生産販売を開始する。

 また、AIを活用した農作物の自動収穫ロボットを農家にレンタルで提供することで、1反あたりの収穫量を20%以上改善し、パート人件費の50%削減をめざす。


(関連記事)
病虫害診断の判断の根拠がわかるAI 農研機構が開発(20.01.29)
「いろは」レタス生育診断サービス開始 スカイマティクス(20.01.20)
Z-GIS(全農営農管理システム)導入へ今がチャンス 新規申し込み者は4か月利用料が無料 キャンペーン!(20.01.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ