左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

テラスマイル、マイクロソフトの支援プログラムに採択 スマート農業のサービス拡充2020年5月28日

一覧へ

農業の情報基盤「RightARM」と経営分析サービスを提供するテラスマイル(宮崎県児湯郡新富町)は5月27日、マイクロソフトが提供する「Microsoft for Startups」に採択されたと発表した。

テラスマイル、マイクロソフトの支援プログラムに採択

 
Microsoft for Startupsは、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラム。独自の革新的なソリューション技術を持つスタートアップ企業の成長促進を目的とし、すでに140を超える国と地域でプログラムが展開されている。同プログラムに採択されると、テクノロジーのサポートに加え、マイクロソフトのグローバルな営業部門やパートナーと連携し、事業拡大に適した専用のリソースが提供される。

テラスマイルは、同プログラムを通じ、スマート農業の経営評価・データ分析サービスを拡充。現在、全国の約150拠点で行われている農林水産省の「スマート農業実証プロジェクト」では、経営評価・分析において、現場での分かりやすさと法人の事業分析両方のデータ分析のニーズに対応する必要がある。

同社は今後、実証を経たスマート農業の技術が全国に普及展開され、農業情報基盤として多様な分析ニーズに対応するため、Microsoft for Startupsのテクニカルサポートを活用した、Microsoft Azure/PowerBIによるスマート農業の経営評価・データ分析サービスを拡充していく。

テラスマイルが運用する「RightARM」は、農業のデータ活用に特化した情報基盤。農研機構の農業データ連携基盤「WAGRI」とも連携しており、10種類以上のセンサーやシステムに対応したデータコンバータを搭載し、データを一元化が可能。また、経営評価(実績評価)、出荷予測実証、営農支援のアプリケーションを実装することで、データ分析/解析サービスをワンストップで提供することが可能となる。

農業情報基盤「RightARM(ライトアーム)」農業情報基盤「RightARM(ライトアーム)」

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る