Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アグリセンサーで未来の野菜栽培を クラウドファンディングで先行発売2020年8月3日

一覧へ

テクノロジーとエンターテインメントを通じ食と農の民主化をめざすスタートアップ企業、プランティオ(株)は、野菜栽培に必要な6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「grow CONNECT(グロウ コネクト)」を、クラウドファンディング「Makuake」サイトで数量限定の先行発売を始めた。

6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「グロウ コネクト」6つのセンサーを搭載したアグリセンサー「グロウ コネクト」

新型コロナウイルスの影響で自ら野菜を育てる人が増えている。同社は、自宅のベランダやビルの屋上、マンションの一室などを畑にして、野菜がいつでもどこでも誰でも育てられるサービス「grow」を展開しており、「grow CONNECT」は、そのサービスのコアとなるアグリセンサー。6つのセンサーがデータを測定し、得られたデータをお住まいの地域に合わせて分析し、アプリでタイムリーに、水やりや間引きのタイミングなど栽培アドバイスが通知される。アドバイスに従って世話をすれば、野菜をしっかり栽培できるようにナビゲーションしてくれる。
生育までに時間や手間がかかったり、地域に合わせた手入れが必要なことから、手に入りにくく、希少な伝統野菜などレアな野菜も、「grow CONNECT」の栽培サポートで挑戦できる。
また、アプリには、野菜の生育や手入れに不安があったとき、栽培専門家がデータと写真で診断するサービスで、自分が育てている野菜のためだけにカスタマイズされた栽培アドバイスを受けられる。

<リターン製品>
◆野菜栽培をエンジョイしてしっかり収穫をしたいスタンダードセット(1万9800円、税込・送料込)

◆野菜栽培をハブに、離れた家族や友人と楽しみたいシェア割(3万6800円、税込・送料込)

◆野菜栽培をこれから始める方へ 野菜栽培スターターキット(2万3800円、税込・送料込)

◆栽培経験者のあなたにはコンポストセット(2万3800円、税込・送料込)

【誰でも自宅で、楽しく野菜が育てられるアグリセンサー「grow CONNECT」】

専門家から自分のためだけのアドバイスを受けられる専門家から自分のためだけのアドバイスを受けられる

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る