想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

完全自律飛行ドローンと「いろは」連携 作物の様々な解析を実現2020年9月2日

一覧へ

(株)旭テクノロジーは8月20日、 中国のドローンメーカー、EAVISION社が開発した完全自律飛行ドローン 「EA2020」の取扱いを開始。スカイマティクスが提供する葉色解析サービス「いろは」と連携により作物の様々な解析が実現する。

新開発農薬散布ドローン「EA2020」

新開発農薬散布ドローン「EA2020」

完全自律飛行ドローンと「いろは」連携農業従事者が抱えている重労働作業や作物の発育不良の問題を解決する手段として、ドローンで農薬散布を実施することにより、農作業時間の短縮化や作物収穫率の向上、収益率の向上が見込まれる。

これまでのドローンはGPSによる飛行だったが、受信できるGPS数が少ない場所や時間帯により、測位精度の正確性に欠けることがあった。「EA2020」は、ネットワークRTKという基準局(Base Station)からの補正情報を組み合わせることで、現場で取得した衛星データと周辺の電子基準点の観測データから作成された補正情報を組み合わせ、リアルタイムで効率的に測量を行う方式を採用。これまで現場で行ってきた基準局の設置を行う必要がなくなる。これにより高精度な位置情報補正ができるため、散布エリア設定範囲内で、より正確な散布ができ、さらに、設定範囲外への誤散布防止や農薬浪費の削減を実現する。

また、自動障害物回避機能を搭載しており、回避する方向と高さを瞬時に判断し、その状況に応じた最適な方法(垂直、水平の両移動可)で、高いレベルでの安全運用を実現。異なる地形や段差等に対しても、作物に合った高さで農薬散布することで散布量の調整ができ、飛散散布の割合を減らすことができる。

葉色解析サービス いろは葉色解析サービス いろは

「いろは」との連携

葉色解析サービス「いろは」を連携する事で、ドローンで撮影した作物をクラウド上で処理し、最新の画像処理解析技術とAI技術により作物の健康状態を色別に判断し、作物の発育状況確認が可能になった。
「EA2020」と「いろは」を組み合わせ、ネットワークRTKと三位一体で完全自律飛行も実現する。自律飛行にあっては、スマートフォンで飛行経路を計画し、画面タップで始められる。人が操縦するリスクや移動して散布する必要がなくなり、効率よく"手の中での農業"を実現できる。

【EA2020】

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る