想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中古農機の販路拡大へ 鳥取港内航コンテナ試験輸送に参加 MEトレーディング2020年9月25日

一覧へ

中古農機貿易商社のMEトレーディング(鳥取県鳥取市)は、鳥取県が実施する「鳥取港内航コンテナ試験輸送」に参加。フィリピンに向けて1本のコンテナを出荷した。

9月22日、鳥取港コンテナ船初寄港セレモニーでテープカットが行われた9月22日、鳥取港コンテナ船初寄港セレモニーでテープカットが行われた

鳥取県は、鳥取港でのコンテナ貨物の取り扱いの可能性を探るため、鳥取港内航コンテナ試験輸送を実施。鳥取港から博多港に途中寄港し、トランシップ(積替え)の後、仕向け地へ試験的輸送と今後の本格展開に向けた検証を実施する。

同社は、この試験輸送に鳥取県からの参画要請を受け、鳥取港を始点とし、中古農機をフィリピンへ出荷した。
22日には、鳥取県主催の「鳥取港コンテナ船初寄港セレモニー」が行われ、同社の小林泰士代表が出席。平井伸治鳥取県知事や鳥取市の深澤義彦市長らと共にテープカットに参加した。

現在、同社は、神戸港を利用したヨーロッパへの輸出を多く手がけている。鳥取から神戸までの陸送に時間を要するため、1 日に出荷できるコンテナ数に制限が生じていた。
試験的輸送の末に、鳥取港からコンテナ貨物の輸出が実現した場合、CO2排出量を削減しながら、出荷できるコンテナ数を増やし、アジアへの販路拡大が可能となる。また、災害時など交通が機能不全に陥った際に備え、予備の手段を確保できる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る