JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

硫黄肥料市場 2030年までに56億米ドル規模到達見込み2021年10月14日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは10月12日、市場調査レポート「硫黄肥料の世界市場 - 業界分析、市場規模、シェア、成長率、動向、予測:2020年~2030年」(Transparency Market Research)の販売を開始した。

硫黄は、肥料市場において、第4の多量栄養素として認識され、植物の成長に欠かせない栄養素。硫黄が欠乏した植物は、茎が非常に細くなり、硫黄が不足している作物は、葉が黄色くなりやすくなる。

硫黄肥料には、窒素利用率の向上、リン酸や微量栄養素の優れた吸収性、クロロフィルやタンパク質、オイル、ビタミンの生産量の向上などの利点がある。さらに、硫黄はタンパク質の形成、酵素やビタミンの生成を助け、硫黄肥料は結節や種子の形成を促進し、冷たく湿った土壌条件でも生き残ることができる。

油糧種子・豆類用途セグメントで硫黄肥料の使用量が増加していることが、予測期間(2020年~2030年)中に世界の硫黄肥料市場を押し上げる主な要因となっている。収益面では、世界の硫黄肥料市場は2030年までに56億米ドルに達し、予測期間中に年平均成長率(CAGR)約3%で拡大すると予測されている。

市場の動向

現在、硫黄肥料は主に油糧種子と豆類に使用。菜種などの油糧種子は硫黄肥料を大量に消費され、世界では、菜種は主に3100万ヘクタール以上の土地で栽培されている。菜種はその組織や種子に高濃度の硫黄を含むため、潜在的な収量よりも硫黄の必要性が特に高い。したがって、硫黄の管理は菜種の生産において重要な役割を果たす。

アジア太平洋地域では、硫黄の空中沈着量が減少しているため、硫黄欠乏症が増加。これにより、近い将来、油糧種子・豆類用途の硫黄肥料の需要が増加すると予測されている。

硫酸塩の用途の増加

タイプ別に見ると、2019年の世界の硫黄肥料市場では、硫酸塩セグメントが優勢だった。硫酸塩は、世界的に消費量の多い硫黄肥料で、植物が直接利用できるものだが、硫酸塩は溶出による損失を非常に受けやすい。この形態の硫黄は、根によって摂取される。硫酸塩の肥料は、窒素やカリウムなどの他の栄養素と組み合わせて生産されることが多い。

市場の競争状況

世界の硫黄肥料市場で主要企業は次の通り。
・Nutrien, Ltd.
・Yara International ASA
・EuroChemグループ
・Koch Industries, Inc.
・アブダビ・ファーティライザー・インダストリーズWLL
・クグラー・カンパニー
・デブコ・オーストラリア・ホールディングス・ピーティーイー・リミテッド
・Zuari Agro Chemicals Ltd.
・タイガー・サル・プロダクツLLC

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る