人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

パナマ病に強力な土壌改良剤「ヤマゲン」市場参入を予定 創建エース2024年6月17日

一覧へ

株式会社創建エースは7月1日、バナナの難病であるパナマ病に強力な土壌改良剤「ヤマゲン」のテスト販売を開始する。

パナマ病に強力な土壌改良剤「ヤマゲン」市場参入を予定 創建エース

土壌改良剤「ヤマゲン」は、バナナの栽培において致命的な被害をもたらすフザリウム菌に対抗するために開発された。

パナマ病はバナナの栽培に壊滅的な影響を与える植物病害で、特に1950年代にパナマを中心に広がったことからその名が付けられた。この病気の原因であるフザリウム菌は、バナナの根から侵入し、導管を侵すことで水分や栄養分の吸収を妨げ、最終的にバナナを枯死させる。さらに、1990年代に登場した新系統(TR4、トロピカル・レース4)は、従来の耐病性を持つキャベンディッシュ種バナナにも影響を及ぼし、農業界に再び大きな脅威をもたらした。

同社は、パナマ病(TR4)撲滅のための土壌改良剤「有機ヤマゲンバイオ液」の開発に取り組み、2023年11月21日から2024年5月15日までフィリピンのダバオ地区にて実地調査を実施。新パナマ病、モコ病、シガトカ病に侵された農場において土壌改良剤の散布実験を行った結果、「有機ヤマゲンバイオ液」を使用したバナナの植物病害抑制効果が確認された。

ヤマゲンの新しい土壌改良剤は、フザリウム菌に対する耐性を持つ特殊な成分を含んでおり、感染リスクを劇的に低減。数年にわたる研究と実地テストの結果、パナマ病に対する高い効果が確認されている。

また、同プロジェクトに賛同する愛媛大学名誉教授の山岡直人氏による研究では、「ヤマゲン」は乳酸菌、酵母菌、納豆菌の混合物を培養・発酵させた微生物混合溶液資材であり、作物の収量増加や植物病害抑制効果が確認されている。ヤマゲン処理によって土壌微生物が活性化され、パナマ病菌の繁殖を抑制する効果が実証された。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る