野菜・果物 ニュース詳細

2014.07.07 
米国の大豆、作付面積が過去最高に一覧へ

USDA(米国農務省)が公表 コーン含めGMOの割合が増える

 USDA(米国農務省)が6月30日に2014年米国内農作物の作付け状況を発表した。

 これによると、14年の大豆の作付面積は過去最高となっている。またトウモロコシ・大豆・ワタのいずれでも遺伝子組換え(GMO)品種の割合が大きくなっている。

◆トウモロコシ
 14年度の米国トウモロコシの作付面積合計は、8380万工一カー(約3391万ha)で、前年より4%減少したが、1944年以降では5番目となる作付面積となっている。
 トウモロコシの総作付面積のうち、GMO品種の割合は、13年度より3%上昇して93%となっている。内訳は、害虫抵抗性(Bt)だけを持つ品種が昨年度より1%減少して4%に、除草剤耐性だけを持つ品種が1%減少して13%になり、害虫抵抗性と除草剤耐性の両方の性質を持つ掛け合わせ(スタック)品種が5%増加して76%となっている。

◆大豆
 14年度の大豆の作付面積合計は、前年から11%増加して、過去最高の8410万工一カー(約3403万ha)となった。
 大豆総作付面積のうち、GMO品種が占める割合は昨年度より1%上昇して94%となっている。GMOの特性は、すべて除草剤耐性だ。

◆ワタ 
 14年度のワタの総作付面積合計は、1140万工一カー(約461万ha)で前年から9%増加。うちアップランド綿の作付け面積は1120万工一カー(約453万ha)と、昨年より10%増加した。アップランド綿の作付面積のうちGMO品種が占める割合は96%と、昨年より6%増加した。
 内訳は、害虫抵抗性(Bt)だけを持つ品種が昨年度より3%減少して5%に、除草剤耐性だけを持つ品種が3%減少して12%に、害虫抵抗性と除草剤耐性の両方の性質を持つスタック品種が12%増えて79%となっている。

 なお、この記事は日本モンサント社提供のインフォメーションをもとに作成した。
 発表内容の詳細は米国農務省(USDA-NASS)ホームページで。


(関連記事)

7〜9月にGM作物の見学会 モンサント(2014.07.03)

NON-GMコーンで生産 日本コーンスターチ(2014.06.12)

GM作物政策、安全性評価不十分 パルシステム(2014.04.09)

遺伝子組換えカイコ 隔離飼育試験を承認へ(2014.02.24)

世界のGM作物栽培面積1億7500万haに(2014.02.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ