野菜・果物 ニュース詳細

2014.07.23 
サトウキビの収穫量7%増加 25年産一覧へ

 農林水産省の統計では25年産サトウキビの収穫量は前年産にくらべて7%増えた(6月30日公表)。

 収穫面積は2万1900haで前年産にくらべて1100ha(5%)減少した。鹿児島県では栽培面積が前年並みとなったものの、25年産の収穫となる春植え栽培が減少したことや、沖縄県では2年連続の不作で栽培面積が減少したことが要因。
 10aあたりの収量は5440kgで前年産にくらべて13%上回った。その結果、収穫量は119万1000tで前年産にくらべて8万3000t(7%)増加した。 ただし、単収は昭和49年以降で5番目に低い水準。夏場の干ばつによる生育抑制、7月および10月の相次ぐ台風被害があったことによる。サトウキビの10aあたりの収量は平成20年は7200kg、21年は6590kgだった。23、24年と2年連続で4000kg台の不作となっていた。

10a当たり収量及び収穫量の推移


(関連記事)

6作物8品種を農林認定品種に 農水省(2014.04.04)

世界に誇る「4年輪作体系」 北海道農業の実力(2014.03.19)

世界のGM作物栽培面積1億7500万haに(2014.02.20)

消費量2.2%増 砂糖の需給見通し(2013.12.24)

サトウキビ交付金単価 100円増の1万6420円(2013.12.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ