左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産レモンでセミナー 農研機構2015年1月30日

一覧へ

 農研機構果樹研究所は2月19日、東京都内で第12回農研機構果樹研フルーツセミナーを開く。テーマは「国産レモンをおいしく食べよう!」。

 セミナーでは、レモンの最新の育成品種を紹介するほか、東海学園大学スポーツ健康科学部の三宅義明教授が「レモンと健康」、料理研究家の小川聖子さん「和食とレモン」をテーマにそれぞれ講演。そのほか、食品企業、研究機関、産地など10件の事例報告がある。産地のからの報告ではJA広島果実連が「広島レモン」を紹介する。

【セミナー概要】
第12回農研機構果樹研フルーツセミナー「国産レモンをおいしく食べよう!」
○日時:2月19日(木)10:30?16:30
○会場:南青山会館(東京・港区)
○参加費:無料
○定員:120人
○申し込みは、農研機構果樹研究所ホームページで。2月12日締切り。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る