Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タマネギの新作型開発 岩手でセミナー2015年2月3日

一覧へ

 農研機構東北農業研究センターは、農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業として「東北・北陸地域における新作型開発によるタマネギの端境期生産体系の確立」のテーマで2月23、24日の両日、岩手県盛岡市で研究成果発表会を開く。

 この研究会では、タマネギの春まき栽培体系に関する基調講演、プロジェクト研究の成果報告、トピックス、現地実証試験結果報告及びパネルディスカッションも行う。

【研究成果報告会の開催概要】
○日時:2月23日(月)11:00?24日(火)11:40
○場所:いわて県民情報交流センター(アイーナ)8階804会議室(岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-4)
○主催:農研機構東北農業研究センター
○対象:生産者、農協関係者、普及・行政関係者、企業・民間団体、大学、研究者など。
○主な内容:東北・北陸地域におけるタマネギの端境期生産を可能とする新作型(春まき栽培、7?8月収穫)の開発技術について。
○参加費:無料
○問い合わせは、農研機構東北農業研究センター(TEL:091-641-7136、FAX091-643-3414)まで。


(関連記事)

【現地ルポ】若者に夢を与えるかっこいい農業へ JAとなみ野・梅本恵子さん(2015.01.22)

営農経済事業の改革へ 地域の実態に合わせ工夫を JA-IT研究会(2014.11.19)

百姓たちが時代を創る 茨城のJA青年部から―仲間とスクラムで地域農業守る(2014.11.14)

地方創生―主役は農業協同組合 今村奈良臣・東大名誉教授(2014.11.13)

【現地ルポ・JAあしきた(熊本県)】「6次化はJA事業そのもの」 商品開発と販売で全国ネット(2014.11.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る