左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

梅干し作りに挑戦 農業・農村ギャラリー2015年6月19日

一覧へ

 東京・大手町の農協ビルでの農業・農村ギャラリーで、6月18日、「農を伝える食育講座」のひとつ、梅干しづくり講座が開かれた。梅は今が旬。健康によく保存もできる梅干しづくりに約30人の女性らが挑戦した。

梅の香りの漂うなかで、へた取りする参加者 和歌山県産の「南高」、「白加賀」、「林州」の3種類の梅を用意。講師のJAならけんの農産物直売所「JAならけん まほろばキッチン」の食育ソムリエの塚田新吾さんの指導のもとに、それぞれの品種ごとに、へたを取り除いて、ホワイトリカーに漬けこんだ。
 この後は「土用干し」する。3日ほどかかるため、その時期は、梅雨が明けて晴天が続くころ。土用干しの際は、皮がくっついて破れるので、梅をひっくり返す時間帯は朝・夕にするーなど、細かい指導を受けて持ち帰った。

(写真)梅の香りの漂うなかで、へた取りする参加者

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る