左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新色のビオラ「ピエナピ-チ」の苗発売 サカタのタネ2015年8月26日

一覧へ

 サカタのタネは、株がコンパクトにまとまり、かつ生命力のあるビオラ「ピエナ」シリーズに、明るいピンクカラーの新色「ピエナピーチ」を追加し、苗の販売を開始する。

新色ビオラ「ピエナピーチ」発売 「ピエナピーチ」は、これまでの同系色のビオラにはない明るいピンクカラーで、淡いピンクローズ色まで色幅が楽しめるユニークな花色が特徴だ。ビオラの中で特にピンク系の花色の品種は、花弁が青みがかった品種しかなく、秋から冬にかけて寒々しい印象があった。
 また、高温期に徒長しやすい、株張りが弱い、など栽培の難しい品種が多い中、「ピエナピーチ」は、これまでのピンク系のビオラと違って明るい色調の花弁を持ち、寄せ植えや花壇に植えても、明るく温かみのある印象になる。
 さらに生育の良さと株のまとまりの良さを併せ持つ特性があり、株がコンパクトにまとまり高温期でも徒長しにくい。花上がりも優れており、秋から翌年の春まで、次々と花を咲かせる。
 「ピエナピーチ」は、オンラインショップを含む同社通信販売で、2015年から受注を開始し、10月下旬から順次発送を予定している。販売価格は6株1組で1650円(税込)。販売形態は10.5cmポット苗。またサカタのタネガーデンセンター横浜でも、同年11月中旬にポット苗の販売を予定している。 
(写真)新色のビオラ「ピエナピーチ」

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る