左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

単身女性の消費減る 野菜・果物の消費行動 JC総研が調査2015年12月25日

一覧へ

 単身女性と20代以下で野菜と果物の消費が減少ー。一般社団法人JC総研の消費動向調査で分かった。価格のアップが影響しているとみられるが、野菜の消費量が増えている単身男性と好対照をなした。12月24日発表した。

 それによると、全体で野菜を「毎日(ほぼ毎食+ほぼ毎日)食べる」が60.9%、果物28.5%で、それぞれ前回より1・1ポイント、0.8ポイント減少した。特に単身女性の野菜51.8%で4.5ポイント、20代以下35.2%で14.5ポイント、それぞれ減少した。果物も単身女性23.3%7.3ポイント、20代以下8.7%11.6ポイントと、大幅に減った。
一方、単身男性は野菜の「毎日」が36.9%で、6.1%増えた。
 野菜、果物ともに単身女性と20代以下の摂食頻度の低下が目立つが、
野菜を購入する時に重視するのは、前回に引き続き1位が「鮮度がよい」61.9%(前回66.1%)、2位「販売単価が安い」53.5%(同48.6%)で、4.9ポイント増えた。調査時点の8月は野菜や果物の価格が高かったことも影響したことが想定される。
 また野菜不足を感じる程度について、全体では「野菜不足」とする回答が14.4%(前回12.5%)で増加。「野菜は不足気味」が36.0%(同38.4%)で減少。単身男性は「野菜不足(不足気味)」は65.8%(同73.5%)で大きく減少。単身女性は逆に65.9%(同62.5%)で増加と、対照的な結果となった。
 このほか、植物工場の野菜については、「食べてみたい」が20代・40代で増え、60代・70代で減少という年齢層によって異なる反応が見られた。
 今回調査項目に加えた機能性野菜については、「購入したことがある」は6.8%。「全く知らない」(39.8%)、「名前を聞いたことがある程度」(40.6%)で、認知度はまだ高くない。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る