左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冬春向け品種の大玉トマト「ハウスパルト」の種子 6月発売 サカタのタネ2016年4月26日

一覧へ

 (株)サカタのタネは冬春向け品種として国内初となる単為結果性の大玉トマト「ハウスパルト」の種子を6月から発売する。

大玉トマト「ハウスパルト」 「ハウスパルト」は樹で赤く熟してから出荷する赤熟出荷が可能な丸玉の単為結果性トマト。単為結果性のため労働コストなどを抑えた出荷ができる。同品種は2012年に同社が発表した夏秋栽培向け「パルト」の低温時の果実の肥大性を改良したもの。開発に約10年をかけた。
 青果の重量は約220~240g、果実は色づきがよく、硬いため輸送性に優れる。食味は果実のゼリー部分が少なく、果肉部分が多いことが特徴で、赤熟もぎりが可能な品種をまとめた同社のブランド「王様トマト」として出荷できる。
 同品種の希望小売価格は1000粒入りが2万8900円(税抜)で、全国の種苗店、JAルートを通じて販売する。5年後の販売目標額は5000万円。大玉トマト「ハウスパルト」作型図
(写真)大玉トマト「ハウスパルト」、作型図

今日のニュースへ戻る

(サカタのタネの関連記事)
横浜で盛大に開会 「2016 日本フラワー&ガーデンショウ」 (16.04.22)

草丈が従来の3分の2 F1ラナンキュラス「ワンダーランドiQ」 サカタのタネ (16.04.21)

夏に強いホウレンソウ F1「ジャスティス」 種子発売 サカタのタネ (16.04.20)

厳寒期向きブロッコリー登場 サカタのタネが種子発売 (16.04.15)

横浜でお茶の苗で茶摘み体験 4月17日に (16.04.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る