Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

草丈が従来の3分の2 F1ラナンキュラス「ワンダーランドiQ」 サカタのタネ2016年4月21日

一覧へ

 サカタのタネは4月下旬から、同社が開発した実生系F1ラナンキュラスの新シリーズ「ワンダーランドiQ」苗の受注を始める。

「ワンダーランドiQ」 生産者向けの苗で、鮮やかな花とコンパクトな草姿が特徴。世界初の実生系F1ラナンキュラス「ワンダーランド」を改良した新シリーズで、開発に約10年を費やした。
 濃い赤色など6品種6色で展開。草丈は通常の栽培で約20cmと従来の主要品種と比べ3分の2程度に抑えられるため、従来品種で草丈を抑えるためにわい化剤を使用していた人に朗報。また早生性があるため、出荷までの時期を短くできる。
 セルトップ苗のみの発売で、1トレー288穴(260本保証)で希望小売価格は1トレー1万400円(税抜)。受注は全国の種苗店やJAルートを通じ、10月上旬から発送する。「ワンダーランドiQ」の作型図
(写真)「ワンダーランドiQ」、「ワンダーランドiQ」の作型図

今日のニュースへ戻る

(サカタのタネの関連記事)
夏に強いホウレンソウ F1「ジャスティス」 種子発売 サカタのタネ (16.04.20)

厳寒期向きブロッコリー登場 サカタのタネが種子発売 (16.04.15)

横浜でお茶の苗で茶摘み体験 4月17日に (16.04.15)

サカタのタネとインドネシア 生物多様性条約に基づく遺伝資源利用で同意 (16.03.30)

サカタのタネ他2社共同開発 コンビニで家庭栽培キット発売 (2016.03.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る