野菜・果物 ニュース詳細

2016.04.21 
草丈が従来の3分の2 F1ラナンキュラス「ワンダーランドiQ」 サカタのタネ一覧へ

 サカタのタネは4月下旬から、同社が開発した実生系F1ラナンキュラスの新シリーズ「ワンダーランドiQ」苗の受注を始める。

「ワンダーランドiQ」 生産者向けの苗で、鮮やかな花とコンパクトな草姿が特徴。世界初の実生系F1ラナンキュラス「ワンダーランド」を改良した新シリーズで、開発に約10年を費やした。
 濃い赤色など6品種6色で展開。草丈は通常の栽培で約20cmと従来の主要品種と比べ3分の2程度に抑えられるため、従来品種で草丈を抑えるためにわい化剤を使用していた人に朗報。また早生性があるため、出荷までの時期を短くできる。
 セルトップ苗のみの発売で、1トレー288穴(260本保証)で希望小売価格は1トレー1万400円(税抜)。受注は全国の種苗店やJAルートを通じ、10月上旬から発送する。「ワンダーランドiQ」の作型図
(写真)「ワンダーランドiQ」、「ワンダーランドiQ」の作型図

今日のニュースへ戻る

(サカタのタネの関連記事)
夏に強いホウレンソウ F1「ジャスティス」 種子発売 サカタのタネ (16.04.20)

厳寒期向きブロッコリー登場 サカタのタネが種子発売 (16.04.15)

横浜でお茶の苗で茶摘み体験 4月17日に (16.04.15)

サカタのタネとインドネシア 生物多様性条約に基づく遺伝資源利用で同意 (16.03.30)

サカタのタネ他2社共同開発 コンビニで家庭栽培キット発売 (2016.03.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ