Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

厳寒期向きブロッコリー登場 サカタのタネが種子発売2016年4月15日

一覧へ

 (株)サカタのタネは6月から、厳寒期の1~2月に収穫できるブロッコリーのF1新品種「ウインタードーム」の種子を発売する。べと病の耐病性があり、花蕾の品質に優れている。

厳寒期に収穫できる「ウインタードーム」 「ウインタードーム」は、播種後150日前後で収穫できる晩生品種。頂花蕾の重量は約500g、直径は約15㎝ときわめて小粒で見た目がよく、ボリュームのあるドーム状にまとまる。市場での高い評価が期待できる。
 また葉が花蕾を包み込むような草姿になるため、寒さによる品質低下の原因となるアントシアニンの発生を防ぎ、さらに低温で湿度の高い時期に発生しやすいべと病に強い。
 希望小売価格はフィルムコート種子1袋2000粒入りで6550円(税抜)、ペレットシード種子1缶5000粒入り1万7800円(同)。
(写真)厳寒期に収穫できる「ウインタードーム」

(関連記事)
横浜でお茶の苗で茶摘み体験 4月17日に (16.04.15)

サカタのタネとインドネシア 生物多様性条約に基づく遺伝資源利用で同意 (16.03.30)

サカタのタネ他2社共同開発 コンビニで家庭栽培キット発売 (2016.03.25)

「アンデスメロン キャンペーン」 サカタのタネ (16.03.23)

本日発売! オリジナル品種使った「サカタのタネの野菜レシピ」本 (2016.03.18)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る