想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サカタのタネとインドネシア 生物多様性条約に基づく遺伝資源利用で同意2016年3月30日

一覧へ

 (株)サカタのタネとインドネシア政府は昨年11月に、同社が世界で発売している園芸用草花「サンパチェンス」で生物多様性条約に基づいて遺伝資源を利用していくことを同意していたと3月28日に公表した。

サンパチェンス 両者の代表者は昨年11月に合意文書に調印し、公表について検討をすすめ今般、発表に至った。園芸用植物のカテゴリーで生物多様性条約に基づく資源国と種苗会社の同意は、世界でまだ数例しか知られていない。
 同社が発売しているサンパチェンスは、インドネシア国内に自生するインパチェンス属の野生種を育種素材として利用している。これは2000年代初頭、生物多様性条約に基づいたこの野生種の利用で、インドネシア農業研究開発庁と基本合意をし、研究を進めていたもの。
 2006年に発売されてから、同商品の売上げの一部は遺伝資源へのアクセスと利益配分の契約にもとづいて利益配分が行われており、同社は同政府に売上金の一部を還元していた。
 今回の同意により、さらに同社は同国に対し、技術的な支援も提供していくこととなった。
 このほか、両者は2014年から新しい基準に基づく遺伝資源の共同調査を行っており、今後も同国内で調査を続けていくとしている。

(写真)サンパチェンス

(関連記事)
サカタのタネ他2社共同開発 コンビニで家庭栽培キット発売 (2016.03.25)

「アンデスメロン キャンペーン」 サカタのタネ (16.03.23)

本日発売! オリジナル品種使った「サカタのタネの野菜レシピ」本 (2016.03.18)

横浜でトマト尽くしのイベント開催 (株)サカタのタネ (16.03.16)

サンパチェンスで地域も明るく 希望団体募集 サカタのタネ (16.03.09)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る