Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

横浜で盛大に開会 「2016 日本フラワー&ガーデンショウ」2016年4月22日

一覧へ

 (公社)日本家庭園芸普及協会は4月22日に、24日まで神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開く「2016 日本フラワー&ガーデンショウ」のオープニングセレモニーを行った。

主催者や来賓によるテープカット 主催者の同協会羽田光一会長は、イベントの趣旨や経緯を話したうえで、来年に開かれる第33回全国都市緑化よこはまフェアも含めた「一連のイベントの起爆剤となるべく取り組んでいきたい」と挨拶した。
 また横浜市の林文子市長は、ショウのテーマ展示"チューリップ"が、大正時代に日本初のチューリップ球根生産が横浜で行われたことを踏まえていると話し、来年のフェアも見据え「相乗効果が出てくる」のでは、と期待を述べた。
 イベントの来場目標者数は8万人。期間中、毎日先着500人に花の苗を配るが、初日は開場とともに配り終えるほどのにぎわいとなった。同協会の金子明弘事務局長は、「例年以上の賑わい」としたうえで、「今回は、来年の全国都市緑化よこはまフェアを見据え、プレイベントの位置づけで開催している。来年はさらに規模を拡大して開催することが決まっている。今年来た人には、ぜひ来年も足を運んでいただきたい」と語った。
 同イベントには、JA横浜も出展。苗木を中心に販売を行う他、子供たちの職業体験ブースで植木屋さんの体験を行う。主催者側から出展の依頼があったという同JA担当者は「横浜市内でも農業が盛んに行われていることをアピールしたい」と意気込みを語った。
来場者でにぎわうブース その他、各メーカーが趣向を凝らした展示を展開。カネコ種苗(株)はカネコのネコにちなんで、猫の被り物をした紳士姿の職員が、母の日を見据えたカーネーション「SAKEENE(サキーネ)」の説明を行っていた。来場者は足を止め、カーネーションの美しさを撮影していた。
 また除草剤をメインに展開するレインボー薬品(株)は、来場者に興味を持ってもらえるよう、芝生に焦点を当てた商品と、パターゴルフの体験コーナーを設けた。
 住友化学園芸(株)は、「花好きの人が見て楽しめるよう工夫を凝らした」とし、野菜や果樹などと共に自社商品の肥料などを一括して展示。寄せ植えなどのイベントを行う他、園芸相談コーナーも設け、専門員が消費者の「栽培で困ったこと」に対応する。
 (株)サカタのタネは、スマートフォンで疑問が聞ける「サカタコンシェル」サービスのついた「おうち野菜」シリーズを中心に展開。また10周年を迎える「サンパチェンス」も多く展示した。
 タキイ種苗(株)は、ペチュニアの「ギュギュ」を中心に花をメインに展開した。またオランダのゴッホ美術館で昨年9月に行われた、同社のヒマワリ「サンリッチ」を使った巨大迷路の動画を公開。多くの人がサンリッチに魅了される様子を伝えた。
 期間中は横浜市に関係するキャラクターも応援にかけつける。開催は4月22日~4月24日の10:00~17:00(最終日は16:00まで)開かれる。詳細は同協会のホームページから確認できる。
(写真)主催者や来賓によるテープカット、来場者でにぎわうブース

今日のニュースへ戻る

(フラワー&ガーデンショウの関連記事)
「2016 日本フラワー&ガーデンショウ」 横浜で22日から開催 (16.04.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る