Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カナダ向けナシ生果実輸出解禁 農水省2016年8月9日

一覧へ

 カナダ向け日本産ナシ生果実の輸出解禁のための植物検疫条件が合意し、全国からの輸出が可能となった。

 カナダは、日本産ナシ生果実について、一定の植物検疫条件を満たした鳥取県産のナシ果実を除いて、すべての都道府県からのナシ生果実の輸入を禁止していた。そこで今般、農水省はカナダ政府の食品検査庁と植物検疫協議を行い、果実の袋かけ条件の削除など、各産地が取り組みやすい輸出植物検疫条件に合意し、併せてすべての都道府県から輸出を可能とすることなどについても合意した。
 これにより、8月1日から、新たな植物検疫条件を満たすことで、全国の産地からの輸出が可能となった。
 従来と比較して今回の合意した主な条件は以下の通り( )は従来の条件。
△輸出可能な生産地域:制限なし(鳥取県)
△園地、こん包及び保管施設登録:農水省が登録。カナダ側には要請に応じて登録リストを提出(農水省に登録されるとともに、カナダ側には期限までに登録リストを提出することが義務)
△袋かけ:削除(すべての果実が確実に「袋かけ」されること)
△補助員設置:削除(知事が推薦する補助員が、全圃場の袋かけ、病害虫の発生調査を等を行うこと)
△発生調査・防除:1適切に発生調査を行い、その結果に基づき防除(同左)。
2削除(登録園地には表札を設置すること)
以下、略

問合せは
農水省消費・安全局植物防疫課
電話:03-3502-5978(ダイヤルイン)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る