野菜・果物 ニュース詳細

2018.10.17 
10月後半の野菜の生育状況と価格見通し一覧へ

 農水省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の10月後半の生育状況と価格見通しについて主産地等から聞き取り調査を行い、その結果を公表した。

 これによると、ニンジン、ホウレンソウ、ネギ、キュウリ、トマトについて、9月下旬から10月上旬に相次いだ台風の影響で生育が低下したり、傷みが発生したりしたため、価格が高値で推移すると予想されている。

 

 「ダイコン」は昨年10月の入荷シェアで32%を占めていた北海道と、青森(同30%)で生育が平年並みだが、千葉県(同23%)で台風第24号による塩害が発生したため、出荷量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。
 「ニンジン」は北海道(同93%)で、6月中旬から7月上旬にかけての長雨と、7月中下旬の高温、干ばつで生育が低下し小ぶりとなっており、出荷量が少ない状況が続くと予測されている。
 「ハクサイ」は長野県(同76%)で9月の長雨で傷みが発生し、茨城県(同13%)で生育が遅延したため、出荷量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。
 「キャベツ」は群馬県(同48%)、茨城県(同16%)で生育は平年並みだが、千葉県(同18%)で台風第24号による塩害が発生したため、出荷量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。
 「ホウレンソウ」は群馬県(同44%)、茨城県(同21%)、栃木県(同16%)で9月の日照不足により生育が低下し、細身となっている。また、台風第24号による葉の損傷のため、出荷量は少ない状況が続き、価格は高値で推移する見込み。
 「ネギ」は青森県(同20%)、秋田県(同15%)において生育は平年並みだが北海道(同20%)は6月下旬から7月上旬にかけての長雨で作付けが減少。10月上旬の降雨により、収穫作業が遅延したため10月後半も出荷量が少ない状況が続き、高値で水準する見込み。
 「レタス」は茨城県(同56%)9月の長雨に伴う生育遅延や、台風第24号に伴う葉の損傷に加え、長野県(同30%)で9月の長雨に伴う傷みの発生により、出荷量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。
 「キュウリ」は群馬県(同27%)、福島県(同15%)において、9月の日照不足に伴う落花の発生により着果数量が減少したが、生育は回復傾向。また、埼玉県(同27%)において、生育は平年並みであるため10月後半は出荷数量、価格ともに平年並みに戻る見込み。
 「ナス」は 高知県(同30%)で生育が回復傾向であるものの、栃木県(同21%)、群馬県(同21%)で9月の日照不足で落花の発生により着果数量が減少したため、10月後半も出荷数量が少ない状況が続く見込み。
 「トマト」は千葉県(同20%)、茨城県(同14%)で9月の日照不足に伴う落花の発生により着果数量が減少したため、出荷数量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。
 「ピーマン」は茨城県(同55%)で9月の日照不足に伴う落花の発生により、着果数量が減少したが、天候の回復に伴い生育は回復傾向。また、岩手県(同17%)で生育が平年並みのため、10月後半は出荷数量、価格ともに平年並みに戻る見込み。
 「バレイショ」(北海道が同98%)、「タマネギ」(北海道が同95%)は出荷量、価格ともに平年並みで推移すると予測されている。
 「サトイモ」は埼玉県(同51%)で生育が平年並みだが、千葉県(同26%)7月の高温・干ばつや台風第24号に伴う風害などで生育が低下し小玉となっており、出荷数量は平年を下回り、価格は高値水準で推移する見込み。

 

(関連記事)
収入保険 10月1日から加入申請手続き(18.09.27)
豪雨被害 政府備蓄米の支援も準備(18.07.11)
【野菜の流通と文化を考える】第1回 JA全農青果センター設立の意味(18.05.15)
植物工場野菜の認知度あがる 日本公庫調査(18.03.15)
野菜需給の硬直性(18.02.19)
今年最も食べられた野菜は「たまねぎ」 タキイ種苗(17.12.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ