野菜・果物 ニュース詳細

2019.01.21 
日本人はアーモンド好き  ナッツに関する消費者調査一覧へ

 カリフォルニア・アーモンド協会は1月18日、世界の主要マーケットを対象に実施しているナッツに関する消費者調査「AAU Study 2018」の日本市場結果を発表した。

日本人はアーモンド好き 世界最大のアーモンド生産地である米国カリフォルニア州の約6800のアーモンド生産農家と100を超える製造加工業者で組織する「カリフォルニア・アーモンド協会」は、「Awareness(認識)」、「Attitude(態度変容)」、「Usage(消費)」など、アーモンドを含むナッツを消費する国や地域の人々の意識と実態を把握する調査を2年に1度実施している。
 それによると、日本人はナッツの中でも突出してアーモンドの認知度が高く、また7割以上の人が間食やチョコレートなどで最も食べていて支持が高いことが分かった。
 またアーモンドの価値については、豊富に含まれているビタミンEへの関心が高く、肌や髪の健康に貢献するなど、健康・美容面での関与に大きな期待を寄せていることが分かった。これは、食材そのものが持つ様々な栄養素をそのまま食べて"体の中からきれいになる"というナチュラル志向のヘルシーニーズの高まりが背景にあることが示唆されている。
 特に20~39歳の日本人女性では、アーモンドの栄養価に加え持ち歩きが簡単で、小腹がすいた時や口さみしい時にいつでもどこでも摘まめるという利便性についても高く評価を示した。これは、健康や美容面においてビタミンEの優れた栄養素の供給源であるアーモンドの価値をさらに高めている利点の一つと考えられる。
 現在はそのままホールで、またはアーモンドチョコレートで食べている人がほとんどだが、今後はパンや焼き菓子のほか、サラダやシリアル、乳製品など、他の健康的な食品との組み合わせを楽しむ傾向に注目されている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ