左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本ナシは前年産より6%減、ブドウも1%減2019年2月14日

一覧へ

 農林水産省は2月12日、平成30年産の日本ナシとブドウの結果樹面積と収穫量、出荷量を公表した。

 同省がまとめた農林水産統計によると、日本ナシの全国の結果樹面積は1万1400haで、前年産に比べ300ha(3%)減った。これは、高齢化による労働力不足に伴う廃園などが影響したという。収穫量は23万1800tで同比1万3600t(6%)減少、出荷量は21万4300tで同比1万2300t(5%)減少となった。
 一方、ブドウの結果樹面積は1万6700haで、同比200ha(1%)減少した。収穫量は17万4700tで同比1400t(1%)減。出荷量は16万1500tで、前年産並みとなった。
 なお、結果樹面積とは、栽培面積のうち生産者が果実を収穫するために結実させた面積のことをいう。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る