左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ブラックのジョー」キャンペーン サカタのタネ2019年4月11日

一覧へ

 (株)サカタのタネは4月20日から6月30日まで、新品種の栗カボチャ「ブラックのジョー」のプレゼントキャンペーンを行う。名作漫画「あしたのジョー」とのコラボレーション企画で、マグカップなどオリジナルグッズが計500人に当たる。

「あしたのジョー」のラベルがついた「ブラックのジョー」「あしたのジョー」のラベルがついた苗がキャンペーンの対象

 

 「ブラックのジョー」は、これまでにない甘みと切りやすさが特長で、皮までおいしい栗カボチャの新品種。病気に強く、育てやすいカボチャを目標に10年以上かけて開発された。
 従来品種のカボチャは、貯蔵期間中に果皮の色が薄くなるが、「ブラックのジョー」は、変色が少ない。黒に近い濃黒緑色を保つことから「ブラックの果皮が常(ジョー)に保たれる」ことにちなんで命名された。

 

濃黒緑色の果皮と黄橙色の果肉のコントラストが見事な「ブラックのジョー」濃黒緑色の果皮と黄橙色の果肉のコントラストが見事な「ブラックのジョー」

 

 「あしたのジョーwith栗カボチャ ブラックのジョー」は、好評だった昨年に続くキャンペーンの第2弾。応募は、全国のホームセンターなどで「ブラックのジョー」の苗を購入の上、キャンペーンサイトからダウンロードした専用応募はがき、または、郵便はがきに必要事項を記入の上、苗ラベルに付いている応募券を貼付して送る。対象になるのは、「あしたのジョー」のラベルがついた苗。4月20日~6月30日の当日消印有効。
 賞品は、「あしたのジョー賞」がオリジナルマグカップ150人に、「ブラックのジョー賞」はオリジナル手ぬぐいで350人に当たる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る