左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

川越産さくらんぼ、あまみごえファームで初収穫  直売所などで販売開始2020年6月2日

一覧へ

農業法人、東洋ビーネット(東京都中央区)のアグリ事業部門「あまみごえファーム」は、埼玉県川越市でさくらんぼを初めて収穫。川越の新たな名物をめざし、同県内の直売所などで順次販売を始めた。

さくらんぼの「あまみごえ」さくらんぼの「あまみごえ」

東洋ビーネットは2014年に川越市、2015年に狭山市より農業法人の認可を受け、果樹栽培をスタート。根域栽培法のひとつであるボックス栽培法を採用し、「あまみごえ」ブランドで、従来のあまさを超えた糖度の高いマンゴーやぶどうを栽培している。

2016年に開始したさくらんぼの試験栽培は、今年初収穫を迎え、5月29日から、あまみごえ直売所、埼玉県内の百貨店などで以下の店舗で販売している。

 
<あまみごえ販売予定>
・5月29日~
あまみごえ直売所(川越市中福153-2西側農地)

・6月1日
あぐれっしゅ川越(川越市)

・6月2日~
丸広百貨店川越店(川越市)、ヤオコー川越今福店(川越市)、あぐれっしゅげんき村(狭山市)、あぐれっしゅふじみ野(ふじみ野市)

・6月6日~
いるマルシェ(富士見市 ららぽーと富士見内)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る