Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI栽培いちご「よつぼし」から糖度13度以上の「四重奏」発売 丸進青果2021年1月12日

一覧へ

名古屋市中央卸売市場・北部市場の大手仲卸、丸進青果は、ファーム事業としていちごの栽培を展開。1月から、業界初となる「AI栽培いちご+新品種よつぼし」の糖度13度以上保証の最高級ブランド「四重奏」の販売を始めた。

AI栽培いちご「よつぼし」から糖度13度以上の「四重奏」発売 丸進青果

新品種いちご「よつぼし」は、懐かしい甘さと程良い酸味、風味とコクのハーモニーを楽しめ、数あるいちごの品種の中でも極上の"うまみ"を味わえる。果実は、円錐形で綺麗な形をしており、赤い果皮は光沢のある美しい色合い。少し硬めの果肉によって濃厚なおいしさを感じることができる。

他品種に比べても、栽培にとても手間がかかる「よつぼし」。日本全国のいちご総出荷量のわずか1%未満の生産量であることから、同社は、高品質な「よつぼし」のおいしさをより多くの消費者に提供しようと独自の取り組みを開始。2019年に業界初の「よつぼしのAI栽培」に成功し、最適な生育環境を保ちながら、収穫後に1粒ずつ丁寧に、「おいし果」という専用のセンサー機器で糖度測定をして品質管理をしている。

その希少な「よつぼし」の中から、大きく赤く完熟し、糖度が13度以上のものを選定したのが最高級の「AIよつぼし」で、「四重奏」というブランド名で販売。初期は少量だが、同社ファーム事業のサイトでネット販売を始める。

同時に、「四重奏」の販売開始を記念し、プレゼントキャンペーンを実施。1月8日~17日までの期間中、Twitterでフォローとリツイートをすると、抽選で3人に「四重奏」をプレゼントする。

「四重奏」販売開始記念プレゼントキャンペーン「四重奏」販売開始記念プレゼントキャンペーン

◎「四重奏」プレゼントキャンペーン概要
期間:1月8日~17日
対象者:期間中に公式Twitterでフォローとリツイートをした人
賞品:よつぼし"四重奏"(2パック約5000円相当)(合計3人)
応募方法
(1)丸進青果のTwitterアカウント(ページ下部参照)をフォロー
(2)丸進青果のTwitterアカウントのキャンペーン投稿をリツイート
※非公開アカウントは、応募対象外

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る