想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冬こそもっと野菜を 1月31日「愛菜の日」に野菜摂取を応援 RF12021年1月26日

一覧へ

(株)ロック・フィールドが展開する総菜店RF1(アール・エフ・ワン)は、1月28日から1月31日までの4日間、1月31日の「愛菜の日」にちなんだ販促フェアを行う。

北海道産帆立とアスパラのサラダ 塩バターソース北海道産帆立とアスパラのサラダ 塩バターソース

「愛菜(あいさい)の日」は、野菜の摂取量が少なくなりがちな冬の時期に、もっと野菜を食べて、健康的な食生活を送ってもらおうと制定された記念日。​この冬は、コロナ下で、日々の健康管理を改めて見直そうという人が増えているが、生活様式が変わっても、食生活の重要性や食の楽しさは変わらない。同社は「愛菜の日」をきっかけに、野菜を食べることの大切さや美味しさを野菜を使った多彩なメニューを通じて伝えていく。また、1月31日の「愛菜の日」に、店頭で商品を1回の会計で3000円(税込)以上で、先着で野菜イラスト入りオリジナルエコバッグをプレゼントする。

◎「愛菜の日」におすすめ商品

・加熱野菜を楽しむ
「北海道産帆立とアスパラのサラダ 塩バターソース」(100g 594円)
野菜を加熱することで量を食べられ、風味・食感も楽しめる。

・多品目を楽しむ
「足りないカラダに 緑の30品目サラダ」(100g 411円)
多彩な食材を食べることは、食事をさらに楽しくする。和風ガーリックドレッシング もしくは 三浦大根のおろしポン酢ソース付き。

・野菜の力を実感
「さびないカラダに 緑黄色野菜のシーザーサラダ」(100g 432円)
野菜に含まれる栄養もサラダのおいしさ。さっぱりシーザードレッシング付き。

・作るを楽しむ。
「海老ときのこソースのアヒージョ風サラダ」(1パック 897円)
お家で仕上げるキットタイプのサラダ。野菜のシャキシャキ感などサラダが一層おいしく感じらる。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る