秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

和歌山県橋本市と連携 柿のレシピを1週間連続で紹介 ポケットマルシェ2022年9月26日

一覧へ

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する雨風太陽は9月26日〜10月2日、和歌山県橋本市と連携し、同市のたねなし柿を使ったレシピを1週間にわたって紹介する「はしもとの柿で1週間柿チャレンジ」を開催。同社の「食を通じた関係人口創出事業」の一環で、橋本市産の食材の魅力を伝え、関係人口の創出をめざす。

和歌山県橋本市と連携 柿のレシピを1週間連続で紹介 ポケットマルシェ

和歌山県は42年連続で柿の生産量が一位。中でも橋本市を含む伊都地方は、県全体の3分の2の生産量があり、柿の一大産地となっている。同企画では、橋本市産の「たねなし柿」を用いて、おかずからスイーツにいたるまで、様々なレシピを紹介する。ポケットマルシェの公式SNSから配信し、紹介したレシピは橋本市のホームページでも公開される。

橋本市では、新型コロナウイルスの影響で農産物の需要が低迷しないように、また、全国に橋本市産農産物の魅力を知ってもらうため、橋本市産農産物の送料を全額補助する取り組みを行っている。同市の補助により、ポケットマルシェ上で橋本市の生産者が出品する商品の送料が無料となる。昨年度は2021年10月から2022年1月に行い、今年度は4月から実施している。また、ポケットマルシェ公式Twitterをフォローし、対象ツイートをリツイートすると、たねなし柿が10人に、柿のドライフルーツが20人にあたるキャンペーンを実施した。

【はしもとの柿で1週間柿チャレンジ】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る