金融・共済 ニュース詳細

2016.12.16 
新潟県・新発田信用金庫とCDS契約 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は12月12日付で新潟県新発田市の新発田信用金庫と「CDSに関する基本契約」を締結した。同契約を締結した金融機関は累計で116機関となった。

 CDSはクレジット・デフォルト・スワップの略称で、補償手数料を支払うことで信用リスクのみを移転する取引を意味する。日本公庫は民間金融機関の農業分野への融資参入を促すための信用補完スキームとして、このCDS業務に取り組んでいる。
 金融機関が農業者に融資した金額の一定割合を同公庫が信用補完することで、無担保・無保証の融資が可能になるなど、農業者のニーズに応えるための契約となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ