農政 ニュース詳細

2018.03.07 
輸出相手国対応防除マニュアル作成一覧へ

・カンキツ、ナシ、リンゴの残留農薬基準値に対応

 農林水産省は、3月6日、農産物の海外への輸出促進を図るため、カンキツ、ナシ、リンゴ(有袋栽培・無袋栽培)の輸出相手国の残留農薬基準値に対応した「病害虫防除マニュアル」を作成、その内容を公表した。

わが国の通常の防除体系で使用される農薬の中には、輸出相手国では輸出しようとする作物が生産されておらず、結果的にその農薬登録が行われておらず、残留農薬基準値が、わが国の基準値に比べてきわめて低いものが多く、そのために輸出向け農産物に使用できる農薬が限定されている状況にある。
 このため、同省では、平成26年度より、農産物の輸出重点品目に関し、農薬を代替し、または使用を低減する新たな防除体系の確立を目的とした「農産物輸出促進のための新たな防除体系の確立・導入事業」を実施している。
 今回のマニュアルは、そうした状況を踏まえて作成されたもので、産地の協力を得ながら、カンキツ、ナシ、リンゴを対象に、
(1)輸出相手国の残留農薬基準値
(2)国内で使われている農薬の残留実態
(3)輸出相手国の基準値を超える残留が認められる化学合成農薬の代替防除技術
などを整理した。

 詳細は、輸出相手国の残留農薬基準値に対応した病害虫防除マニュアル

 〇問い合わせ先:同省植物防疫課
 〇TEL:03-3502-3382。

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ