栽培技術 ニュース詳細

2017.05.18 
鉄分75%増の低カリウムホウレンソウ特許出願 植物工場一覧へ

 富士通ホーム&オフィスサービス(株)は公立大学法人秋田県立大学と共同で、鉄分を75%多く含む低カリウムホウレンソウの栽培技術をICTで確立し、特許出願したことを5月15日に公表した。

鉄分含有量が一般的な栽培より75%多いホウレンソウの栽培の様子 富士通ホーム&オフィスサービス(株)は福島県会津若松市に、以前は富士通の半導体をつくっていた工場を有効活用し、植物工場「会津若松Akisaiやさい工場」を営んでいる。2014年5月には低カリウムレタスを、15年7月には低カリウムホウレンソウを「キレイヤサイ」というブランドで栽培し販売している。
 今回、低カリウム野菜の栽培で培った知見を活用。▽水耕栽培での液体肥料の配合、▽液体肥料を野菜に与える時期、▽工場内の温度や湿度、風などの管理を、富士通(株)が開発した「食・農クラウド Akisai」で管理する。総合的に栽培環境を最適化することで鉄分含有量を75%増加させる栽培技術を、秋田県立大学と共同で開発した。なお、「食・農クラウド Akisai」は生産から経営・販売まで企業的農業経営を支援するクラウドサービスのこと。
 同社担当者は「一般的な品種で、育てながら低カリウムや鉄分を多く含むホウレンソウを育てている」と話す。低カリウム野菜は血液透析治療を受ける患者などに好評。今回開発されたホウレンソウで、野菜に含まれるカリウムが気になる人でも安心して鉄分を摂取できる生野菜の提供が提案できる。
(写真)鉄分含有量が一般的な栽培より75%多いホウレンソウの栽培の様子

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ