人事・機構改革 詳細

2013.04.17 
【JA人事】JA町野町(石川)一覧へ

 町野町農業協同組合(JA町野町、石川)は3月26日に第66回通常総代会を開き、役員の改選を行った。元理事の中谷内信春氏を新たに代表理事組合長に選任した(主な役員のみ掲載、敬称略)。

代表理事組合長 中谷内信春▽代表理事組合長 中谷内信春(=写真右
▽理事信用・共済担当部長 田中収(再任)
▽代表監事 掃部豊


【新組合長略歴】
中谷内信春(なかやち・のぶはる)
昭和24年12月11日生まれ
平成19年4月JA町野町役員理事、21年4月同専務理事、22年3月同退任、23年4月同役員理事、JAすずし員外監事、輪島市農業共済組合理事、24年3月JAすずし員外監事退任、25年4月JA町野町代表理事

【組合長就任にあたって】

(頼れるJA)を最重点課題に

 この度の役員改選にともない代表理事組合長に就任いたしました。農業情勢は大変厳しい状況にありますが、全力で職務を全うする所存でございます。
 このような中、(能登の里山、里海)の世界農業遺産認定を契機に奥能登の多様な農業資源とその生活に結び付いた農村文化が色々とあります。
 能登の自然や美しい水田景観の維持、保全、初来にわたり持続可能な水田事業の実現と消費者ニーズに対応した安全、安心な高品質良食味米を基本とした(能登米)を、生産者、関係団体と一体となり推進してまいります。
 また、能登里山街道が有料から無料になり、能登の方へも今以上の人が来ると見込んで、色々な方法での地域産物の販売の向上を図ってまいります。また、組合員の発展なくしてJAの発展もないと考え、農業経営の安定と所得向上の支援をより以上に考えてまいります。
 その為には、政府のTPP交渉参加表明後の動向を、JAグループ、関係団体と力をあわせて見守って行く所存でございます。
そうして、(頼れるJA)を目標に組合員や地域の皆様からの信頼を頂ける事業を展開することが、新しくあとを引き継いだ役員の使命であると考えております。
 その為にも、役職員一丸となって盤石の基盤づくりとコンプライアンス(法令遵守)体制を確立し、地域振興、農村の活性化に取り組んでまいりますので、より一層のご支援とご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶といたします。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ