左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

きのこ原木の需給状況 林野庁2014年11月19日

一覧へ

 林野庁は、18日、9月末時点でのきのこ原木の需給状況をまとめた。

 林野庁では、放射性物質の影響により安全なきのこ原木が不足している状況を解消するために、きのこ原木の他県への供給可能量の掘り起しや、きのこ原木供給希望者と供給可能者との都道府県を越えたマッチングの取り組みを行っているが、その取り組みの一環として、平成24年度から春、秋の2回、きのこ原木の全国的な需給状況を調査し、その結果を公表している。
 今回の発表は、26年9月末時点のもの。
 9月末時点での供給希望者は、13府県118万本。供給可能量は、137万本で、供給可能量が総量で供給希望量を19万本上回っている。
 詳細は下記で
http://www.maff.go.jp/j/press/

(関連記事)

エノキタケに糖尿病予防効果(2014.08.01)

ブナシメジに生活習慣病予防効果 JA全農長野(2014.05.23)

きのことビールがタイアップ(2013.12.10)

原木キノコの栽培管理ガイドライン策定(2013.10.23)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る