野菜・果物 ニュース詳細

2014.08.01 
エノキタケに糖尿病予防効果一覧へ

JA中野市と東京農大が研究発表

 エノキタケの機能性を研究している東京農大と長野県のJA中野市は7月31日、東京・世田谷区の東京農大で共同研究成果報告会を開いた。特に糖尿病予防効果を中心に最新の研究成果を報告。併せてJA中野市が開発した「えのき氷」のPRを行った。

エノキタケの機能性で意見交換した研究報告会 JA中野市のエノキタケ栽培は50年以上の歴史があり、生産量では日本一を誇る。エノキタケをよく食べる地元の人が健康機能性を実体験していることから、同JAと東京農大の共同研究となった。
 これまでエノキタケには体脂肪減少のほか、花粉症の抑制にも役立つなど、幅広い機能性が知られているが、平成23年から3か年の東京農大の江口文陽教授による臨床試験では、あらたに糖尿病の予防・改善に関する効果が確認された。
 同教授の報告によると、摂食後1か月から、血糖値、糖尿病関連項目の検査値の変化の兆候がみられ、2か月目から有意な改善作用が明らかになったという。
 試験に使ったエノキタケは、「えのき氷」と言い、エノキタケをジューサーで粉砕し、さらに製氷機で凍結させたもの。これによってエノキタケの細胞膜を破壊し、吸収しやすくなる。同時に保存が可能で、幅広く料理に使える。
 「えのき氷」は、JA中野市の阿藤博文組合長が、消費量を増やすため、煎じて飲む薬草から発想し、自ら考案した。毎日の料理に使った自らの体験から「3か月で4kg体重が減り、妻の花粉症が軽くなった。食物には野菜や穀物の植物と、魚を含めた肉類の長い歴史があるが、キノコを第3の食物に育てたい」とPRした。
 併せて座談会を開き、日本きのこマイスター協会の前澤憲雄理事長のほか、消費者団体の女性など約80人が参加した。

(写真)
エノキタケの機能性で意見交換した研究報告会



(関連記事)

キノコ原木供給量 需要を23万本上回る(2014.06.18)

ブナシメジに生活習慣病予防効果 JA全農長野(2014.05.23)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

きのこ情報を満載 JA中野市(2013.04.18)

【JA 人と事業】第2回 阿藤博文・長野県JA中野市代表理事組合長に聞く(2013.04.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ