左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中間純損失176億円 日本公庫9月中間決算2014年11月27日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は、11月25日、平成26年9月中間決算(4月?9月)をまとめた。

 中間期決算では、前中間期比(25年9月期)より中間純利益は600億円改善したが、信用保険等業務勘定で468億円の中間純損失を計上したため、176億円の純損失となっている。
 また、26年上半期の農林水産業の取り組みとしては、「人・農地プラン」に基づく融資実績が、特例措置の定着を背景に、2373先(前年同期比110%)、580億円(同156%)と増加した。
 新規就農者や異業種からの農業参入など、新たに農業を始める人への融資実績は、71先(同118%)、18億円(同141%)となっており、そのうち26年度から取扱いを開始した「青年等就農資金」の上半期融資実績は5先、5400万円となっている。また、6次産業化関連融資実績は、512先(同174%)、326億円(同245%)と増加している。


(関連記事)

農業の成長産業化向け融資が増加 日本公庫(2014.11.21)

中四国で信用組合の農業融資参入を支援 公庫(2014.11.20)

26年産米緊急対策融資の窓口設置 日本公庫(2014.11.17)

米価下落への緊急対策決める 農水省(2014.11.14)

地域農業担う経営者を表彰 日本公庫(2014.10.23)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る