金融・共済 ニュース詳細

2014.11.20 
中四国で信用組合の農業融資参入を支援 公庫一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は11月19日付けで岡山県の信用組合と証券化支援業務に係る基本契約を締結した。

 締結したのは笠岡信用組合。中四国での契約締結は初めて。
 この契約は金融機関が農業者に融資した金額の一部割合をCDS(クレジット・デフォルト・スワップ=補償手数料を支払うことで信用リスクのみを移転する取引)のスキームを活用して信用補完するもの。これによって無担保・無保証の融資が可能になるなど、農業者のニーズに応えることができる。
 日本公庫農林水産事業がこの契約を締結した金融機関は全国で97となった。

(関連記事)

26年産米緊急対策融資の窓口設置 日本公庫(2014.11.17)

若い世代ほど農業体験に興味 日本公庫が調査(2014.10.01)

生産コスト増が影響 農業景況感、大きく減退(2014.09.26)

「加工食品に不安」8割 日本公庫が意識調査(2014.09.25)

自治体主体の交付金制度を 全国町村会が提言(2014.09.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ