金融・共済 ニュース詳細

2016.05.20 
輸出国最多はシンガポール 「トライアル輸出支援事業」 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は5月19日、「トライアル輸出支援事業」の平成27年度支援実績をまとめた。これによると輸出先6か国・地域、件数は41件だった。

 「トライアル輸出支援事業」は国産農水産物や食品の海外販売開拓の後押しを行う事業で、平成25年度から行っている。具体的には、日本公庫が輸出に意欲的な農林漁業者や食品企業と貿易商社のマッチングを行った後、貿易商社がトライアル輸出が可能と判断した場合、貿易商社が輸出前の事前準備から輸出後の販売状況のフィードバックまで一貫して行うもの。
 27年度輸出実績は、シンガポール、マレーシア、米国、香港、台湾、カナダの6か国・地域だった。また支援件数は41件だった。輸出国・地域別の実績は昨年度に続きシンガポールが最多の15件、次いでマレーシアが11件、米国8件、香港4件だった。
 輸出品目は米、茶、イチゴなどの他、あんぽ柿、さつま揚げなどの加工品、水産物(ブリ)などだった。次年度以降も継続取引が濃厚なのは8件で、その多くがあんぽ柿やワサビなど日本の伝統的な食品だった。
 同事業開始後3年の累計支援実績は8か国・地域(シンガポール、香港、マレーシア、米国、台湾、中国、タイ、カナダ)で、117件。28年度は新たにマカオの貿易商社と契約し輸出支援の拡大を目指す。

今日のニュースへ戻る

(日本公庫の関連記事)
融資実績23億円 熊本地震発生後-日本公庫 (16.05.20)

融資相談1600件 4、5月の休日中 日本公庫 (16.05.13)

熊本地震で特例措置 貸付限度額引き上げなど 日本公庫 (16.05.12)

発足以来最高額 3760億円 日本公庫の平成27年度融資実績 (16.05.11)

熊本地震 23日・24日 休日電話相談窓口設置 日本公庫 (16.04.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ