金融・共済 ニュース詳細

2016.06.03 
純利益505億円 前期比1853億円増-日本政策金融公庫一覧へ

 日本政策金融公庫は6月2日、28年3月期決算を公表した。

 純利益は前期比1853億円増加し505億円となった。要因は中小企業事業のうち、信用保険等業務勘定で当期純利益が前期比2880億円増加し、111億円になったため。
 27年度の主な取り組み事項は、東日本大震災からの復興支援で関連融資実績は1万2333件(前年度比96%)、1835億円(同97%)だった。累計では26万881件、4兆2057億円となった。
 4月に発生した熊本地震については特別相談窓口を設置。5月末までの相談状況は融資に関するもの2646件、返済に関するもの1208件で計3854件となっている。
 農林水産業の新たな展開への支援では、農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)の融資実績は6186件(同103%)、2092億円(同111%)と件数・金額ともに増えた。
 新規就農者や異業種からの農業参入企業などへの融資実績は、1782件、441億円となった。このうち「青年等就農資金」の融資実績は、1181件(同416%)、88億円(同326%)と大幅に増加した。
 6次産業化関連の融資実績は1252件(同107%)、1047億円(同123%)と件数・金額ともに増加した。

(日本公庫の関連記事)
熊本地震被害支援で融資制度拡充-日本公庫 (16.06.02)

6月も休日電話相談-熊本地震対応 日本公庫 (2016.05.31)

民間金融機関と協調融資 1万5000件 日本政策金融公庫 (16.05.24)

融資実績23億円 熊本地震発生後-日本公庫 (16.05.20)

【熊本地震】復旧・営農再開で追加支援決める-農水省 (16.05.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ