Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業経営上級アドバイザー66名に-日本政策金融公庫2017年12月19日

一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業が実施する農業経営上級アドバイザー試験が12月6日に行われ、新たに8名の上級アドバイザーが誕生した。15日に公表した。

 農業経営上級アドバイザー制度は、農業経営アドバイザーの上級資格として平成23年に日本政策金融公庫が創設した。受験対象は難易度の高い経営課題に対して実践的なアドバイスが可能な活動歴3年以上の人を対象にしている。
 今回の試験の結果、総勢で66名。次回試験は平成30年7月に募集を予定している。
 上級アドバイザーは農業経営アドバイザーの模範として指導にリーダーシップを発揮するとともに、6次産業化や新規就農、異業種からの農業参入、ブランド化、経営再建など、より高度な経営課題に対して適切にアドバイスできる専門家として期待されている。
 合格者の職種は税理士、金融機関職員、中小企業診断士などだが、JA職員にも資格取得者がいる。これまでの事例では、水稲専作地域で耕地利用率向上と高付加価値経営モデル育成が課題となっているJA管内で、上級アドバイザーとして各農業者が所有している水田の水はけや水稲用農機の状況などを分析。それに基づき農業者の水田状況に応じて小麦を導入するとともに、製粉やパスタ、パンなどに加工品の製造にもつなげ6次化と地産地消を実現したなどがある。

 

(関連記事)
中間純利益791億円 日本政策金融公庫中間決算(17.12.12)
原料原産地表示、約9割が実施へ 日本公庫調査(17.12.05)
食品産業で「求人に応募なし」が9割近くに 日本公庫調べ(17.12.05)
前年より1割増の1.1万件 日本公庫の協調融資(17.11.24)
帯広信金とCDS契約 日本公庫(17.11.22)
「健康志向」の高まり継続-消費者動向調査(17.09.19)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る