金融・共済 ニュース詳細

2018.12.25 
日本共済協会が『ファクトブック』刊行一覧へ

 日本共済協会は昨年末「日本の共済事業 ファクトブック2018」を発行した。

ファクトブック 日本共済協会 同協会が毎年発行している「ファクトブック」は、国内の主要な共済団体の2017年度事業概況、協会の会員団体の活動などを紹介している。また資料として、日本の共済事業の歴史や、1995年の協同組合のアイデンティティについてのICA(国際協同組合同盟)声明、共済の基本用語集などを掲載した。
 2017年度の主要団体の事業概要は、組合員数は7736万人(前年度比1.2%増)と増えたものの、契約件数は1億3825万件(同0.7%減)と減った。共済金額は872兆4008億円(同1.5%減)。受入共済掛金は6兆7188億円(同17.8%減)と2割近く減り、支払共済金は4兆2322億円(同3.9%減)となった。総資産は66兆6304億円(同0.9%増)だった。
 A4版フルカラーで、全51ページ。「ファクトブック」は日本共済協会ホームページ内で全ページ無料で公開されている。

 

(関連記事)
賀川豊彦の精神に学ぶ-日本共済協会セミナー・伊丹謙太郎千葉大特任助教(17.11.27)
組合間連携 賀川豊彦を「要」に(17.11.16)
【リレー談話室・JAの現場から】常滑の曜変天目茶碗(※)(17.02.20)
【リレー談話室・JAの現場から】レインボー体操(16.11.25)
西岡裕之氏が日本共済協会専務に(16.06.29)
「協同組合の心を求めて」 日本共済協会が刊行(16.05.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ