米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.06.14 
共同調達を検討 全米販一覧へ

 全国米穀販売事業共済協同組合(全米飯)は6月13日、東京都内で平成25年度通常総会を開き、25年度事業計画を決めた。近年の集荷量の減少に対応し、新たな共同調達の検討、米先物取引への参加促進、販売面ではネットショップの開設などを打ち出した。

 共同調達では、組合員が必要とする米を円滑に確保できるよう、農林漁業成長産業化ファンド(A-FIVE-J)を活用した産地との連携や、生産法人への出資、商社との連携によるSBS米の確保などについて検討する。また本年度8月に試験上場の期限を迎える米の先物取引を継続させるため、活用策方法を示し、積極的に参加を促す。
 また、米の消費拡大のため、精米工場の見学会や、ご飯の試食会などを積極的に行うとともに、ネット販売支援のため、今年度中に組合員参加のネットショップを開設する。このほか、組合員の不祥事が多発していることから、不公正取引の是正活動に取り組むことを決議した。


(関連記事)

米価急落、24年産米1000円超下げ (米穀新聞記者・熊野孝文氏)(2013.05.31)

備蓄米、加工原材料に2.7万t販売 農水省(2013.05.07)

米の卸間取引、価格下落 日本コメ市場(2013.05.07)

24年産米一等比率78.3%(25年3月末現在)(2013.04.27)

18年産備蓄米を加工原料用に販売 農水省(2013.04.11)

25年産備蓄米、16万t落札 農水省(2013.04.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ